本をさがそう
本の詳細

あるヘラジカの物語

星野道夫 原案/鈴木まもる 絵と文
あるヘラジカの物語
  定価(本体1,500円+税)
サイズ: 25.6×27.5cm
ページ数: 32頁
ISBN: 978-4-7515-2967-6
NDC: 913
初版: 2020年9月
対象: 小学校中学年
カートに入れる
星野道夫が遺した1枚の写真から生まれた物語。

アラスカのデナリの山のふもとで、1頭のオスのヘラジカがたくさんのメスと暮らしていた。
ある日、この群れによそ者の1頭のオスが近づいてきた。
メスたちを自分のものにしようと思っているのだ。
群れをひきいるオスは、よそ者に向かっていった。

オスどうしの激しい戦いが始まった。
2頭は、何度も体当たりをし、角をぶつけあった。
オスのヘラジカは体重が800キロもある。
ぶつかったら車だってひっくりかえる。

戦いは、長い時間続いた。

ガキ!
大きな角と角がぶつかってからまった。そしてはずれなくなった。
2頭は戦い続けるしかない……。

多くの野生動物の姿を写真におさめた星野道夫は、1996年、事故によって世を去りました。 同じ動物好きとして、星野道夫と親交のあった鈴木まもるはある夜、星野の遺した2頭のヘラジカのふしぎな写真を夢に見て「絵本を創ろう」とひらめき、アラスカに飛びました。そしてできあがったのが、この絵本です。

大自然で暮らす動物たちの壮絶なドラマと、生命のつながりを描いた絵本。

【書評】    
メディア名 日付 コメントなど
朝日新聞 2020年11月12日 「天声人語」で紹介されました。
“冬が迫る現地で繰り広げられている命のリレーを想像した”
産経新聞 2020年9月20日 “自然で暮らす動物たちの壮絶なドラマと生命のつながりが描かれている”
毎日新聞 2020年9月19日 “大きな自然の中には、死ぬことと生きることとが関わり合って存在している”


本をさがそうトップに戻る

Copyright 2020 (C) Asunaro Shobo
このホームページに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます。