あすなろ書房 創立50周年記念企画
物語をもっと楽しむために!
中学生までに読んでおきたい 日本文学 全10巻
2010年11月刊行開始 松田哲夫編
10代の時に、読んでおけばよかった…
名作短編がぎっしりつまったシリーズ!

編者 松田哲夫の言葉

 私は、このアンソロジーを編集するにあたって、最初は、小中学生が読むということを意識していました。
でも、さまざまな作品を読んでいくうちに、そういう枠をはめずに自由に作品を選びたいと思うようになりました。
なぜなら、文学というものは本来、あらゆる制限から自由なものであり、そこに価値があるからです。もちろん、本格的な文語体など、脚注やルビを充実しても理解しにくい作品はあるでしょう。そこで、最終的には小中学生だったころの自分を思い出しながら、いま読んで面白いと感じられる作品、作者の発したメッセージがしっかり伝わってくる作品だけを選びました。
その結果、「毒もみの好きな署長さん」(宮沢賢治)、「土佐源氏」(宮本常一)、「鉄路に近く」(島尾敏雄)といった、教科書には決して入ることがないような作品も目次に並びました。これらの作品には道徳的ではないエピソードも書かれています。それだけで、子どもたちに読ませることをためらう人もいるでしょう。
でも、これらの物語の核心にはきわめて純粋なものがあり、生きていく上でとても大事なことを問いかけています。したがって、これらの作品を通して作者が伝えようとしたことは、年若い読者にもまっすぐに届くはずです。選び抜かれた文学作品には、そういう力が秘められている。
私は、そう信じています。


<プロフィール>
1947年、東京生まれ。
筑摩書房の書籍編集者として「ちくま文庫」「ちくま文学の森」「ちくま日本文学全集」「ちくまプリマー新書」を創刊。 



小川洋子さん

「ああ、これを、
子供の頃の私に読ませたかった」


 と、つい独り言をつぶやいてしまう本と出会うことが、時にある。そう思わせてくれる本は、どれも例外なく素晴らしい。
小鹿のようにやせっぽちで、黒々とした濁りのない瞳を持っていた遠い昔の自分に、もしこの本を届けられたら……。
きっと私は、そんな幸福な想像に浸りながら、アンソロジーのページをめくることになるだろう。

上橋菜穂子さん

なんと容赦のない、
なんと爽快なラインナップだろう。


 「中学卒業までに読んでおくべき本」として、「土佐源氏」が入っていたりするのだ。
 川の澱みに流れついたような人生を、なんの飾りもつけず淡々と語っているがゆえに、人にとって大切なことが静かに胸に迫ってくる、この素晴らしい口述記録や、小説の名作がずらりと並んだラインナップを眺めていると、まるで、そそりたつ壮大な雪の峰々を眼前に見ているような気もちになる。
 人はこういうものを創りだせる生き物なのだと、子どものときに知ることができるほど幸せなことは、そうはあるまい。
 先人は、たとえようもなく大きく、手ごわい。そう感じた子は、きっと、己が踏み出していく世界を、どこまでも広いと思えるはずだから。


本のご紹介


悪人の物語
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
1 悪人の物語        ISBN978-4-7515-2621-7
2010年11月刊行

【収録作品】
山村暮鳥  囈語
森銑三   昼日中/老賊譚
芥川龍之介 鼠小僧次郎吉
宮沢賢治  毒もみの好きな署長さん
中野好夫  悪人礼賛
野口冨士男 少女
色川武大  善人ハム
菊池寛   ある抗議書
小泉八雲  停車場で
吉村昭   見えない橋
柳田国男  山に埋もれたる人生のある事
イラスト


2 いのちの話        ISBN978-4-7515-2622-4
いのちの話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
イラスト ’10年11月刊行

【収録作品】
石垣りん    表札
有島武郎    碁石を呑んだ八っちゃん
吉野せい    梨花
森鴎外     山椒大夫
島尾敏雄   島の果て
長谷川四郎  鶴
原民喜     夏の花
太宰治     魚服記
海音寺潮五郎 極楽急行
梅崎春生    チョウチンアンコウについて


おかしい話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
3 おかしい話        ISBN978-4-7515-2623-1
2010年12月刊行

【収録作品】
室生犀星    夜までは
佐藤春夫    蝗の大旅行
尾崎一雄    虫のいろいろ
小沼丹     カンチク先生
内田百閨@   泥棒三昧
夏目漱石    自転車日記
山本周五郎   対話(砂について)
坂口安吾    村のひと騒ぎ
林家正蔵(演) あたま山
桂文楽(演)  酢豆腐
桂三木助(演) 芝浜
森鴎外     大発見
小泉八雲    日本人の微笑
星新一     来訪者
イラスト


4 お金物語        ISBN978-4-7515-2624-8
お金物語
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
イラスト 2010年12月刊行

【収録作品】
山之口貘  告別式
山本周五郎 経済原理
獅子文六  塩百姓
谷崎潤一郎 小さな王国
星新一   マネー・エイジ
太宰治   貧の意地
中戸川吉二 寝押
林芙美子  清貧の書
室生犀星  陶古の女人
内田百閨@ 無恒債者無恒心
森鴎外   高瀬舟


家族の物語
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
5 家族の物語        ISBN978-4-7515-2625-5
2011年1月刊行

【収録作品】
金子光晴   おばあちゃん
芥川龍之介  蜜柑
吉野せい   洟をたらした神
有島武郎   小さき者へ
幸田文    終焉
海音寺潮五郎 唐薯武士
谷崎潤一郎  母を恋いうる記
林芙美子   風琴と魚の町
吉村昭    同居
向田邦子   かわうそ
遠藤周作   夫婦の一日
川端康成   葬式名人
井伏鱒二   へんろう宿
太宰治    黄金風景
イラスト


6 恋の物語        ISBN978-4-7515-2624-8
恋の物語
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
イラスト 2011年1月刊行

【収録作品】
阪田寛夫  連取問題
木山捷平  うけとり
尾崎翠   初恋
堀辰雄   燃ゆる頬
江戸川乱歩 人間椅子
太宰治   カチカチ山
三島由紀夫 三原色
芥川龍之介 好色
菊池寛   藤十郎の恋
宮本常一  土佐源氏


こころの話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
7 こころの話        ISBN978-4-7515-2625-5
2011年2月刊行

【収録作品】
茨木のり子  自分の感受性くらい
辻まこと   多摩川探検隊
国木田独歩  少年の悲哀
吉行淳之介  童謡
井上ひさし  あくる朝の蝉
志賀直哉   清兵衛と瓢箪
色川武大   ひとり博打
中島敦    山月記
菊池寛    入れ札
三島由紀夫  志賀寺上人の恋
谷崎潤一郎  刺青
幸田文    髪
深沢七郎   おくま嘘歌
太宰治    雀
石原吉郎   ある<共生>の経験から
イラスト


8 こわい話        ISBN978-4-7515-2628-6
こわい話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
イラスト 2011年2月刊行

【収録作品】
萩原朔太郎 蛙の死
夏目漱石  夢十夜
内田百閨@ 豹/鯉
江戸川乱歩 白昼夢
半村良   箪笥
岡本綺堂  利根の渡
中島敦   牛人
菊池寛   三浦右衛門の最後
坂口安吾  桜の森の満開の下
夢野久作  瓶詰地獄
星新一   鏡
山川方夫  お守り
志賀直哉  剃刀
島尾敏雄  鉄路に近く
太宰治   トカトントン


食べる話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
9 食べる話        ISBN978-4-7515-2629-3
2011年3月刊行

【収録作品】
石垣りん  くらし
志賀直哉  小僧の神様
岡本かの子 鮨
芥川龍之介 芋粥
矢田津世子 芋粥の記
子母沢寛  冷や飯に沢庵
幸田露伴  野道
森茉莉   ビスケット
伊丹十三  プレーン・オムレツ
深沢七郎  いのちのともしび
種村季弘  幻の料理
色川武大  大食いでなければ
古川緑波  富士屋ホテル
向田邦子  ごはん
武田百合子 枇杷/夏の終わり
宮沢賢治  注文の多い料理店
イラスト


10 ふしぎな話        ISBN978-4-7515-2630-9
ふしぎな話
定価(本体1,800円+税)
ご注文はこちら
イラスト 2011年3月刊行

【収録作品】
萩原朔太郎 死なない蛸
寺山修司  全骨類の少女たち
川端康成  化粧
梶井基次郎 愛撫
谷崎潤一郎 秘密
夏目漱石  心
内田百閨@ 尽頭子
森銑三   猫が物をいう話/猫の踊
三島由紀夫 美神
夢野久作  怪夢(抄)
星新一   おーい でてこーい
梅崎春生  侵入者
宮沢賢治  どんぐりと山猫
芥川龍之介 魔術
豊島与志雄 立札
中島敦   名人伝
稲垣足穂  黄漠奇聞


わかりやすいイラスト入り脚注/小学校5年生以上で習う漢字にはルビ 中身



このページの上に戻る▲

HOME本をさがそう新刊のご案内あすなろニュース図書館向け
会社案内目録請求サイトマップお問い合わせ